CASE STUDY_AI CONSULTING効率化事例

業種:レジャー

職種:広報

VBAマクロツール

【状況】
保有する数千の顧客リストに対し、定期的にキャンペーン情報をメール配信するが、顧客のグレードに応じて微妙に内容を変更させる必要があるため全く同じ内容の一括送信ではなく、一部文面変更が必要となるため送信ミスリスクが高い。とは言え、頻度が多いわけでもなく時期的な波もあるため、コストをかけたツールの導入は出来ない。
●頻度が高くないとはいえ数量は多く、送付のタイミングではかなりの時間がかかる。
●過去に、送付ミス(文面間違い)を起こしてしまった。
●繁忙期には連日だが閑散期は頻度が少なく、波が激しいためコストをかけたツール導入はできない。

続きを読む

業種:メーカー(電気・機械)

職種:エンジニア

Webシステム(AIナレッジマネジメント)

【状況】
機器の不具合原因やそれに対する復旧対応などに対し、ベテランエンジニア個々人がマニュアル化や知識を保有しておりノウハウが俗人化していたため、下記の課題を抱えていた。
●新人への教育が人対人であった為、ベテランそれぞれのノウハウしか継承されず、
 対応工数・品質・対応内容にばらつき。
●ベテランエンジニア個人が独自にマニュアルやノウハウを保有し、企業のナレッジとして蓄積されない。
●機器監視は夜間対応に新人が配属されることがあるが、知識不足で不具合復旧に時間を要する。
●習熟に時間がかかる上に夜間勤務のプレッシャーから新人が定着しない。(辞めてしまう。)

続きを読む

業種:小売業

職種:接客

AI × Pepper

【状況】
膨大な商品数を抱える小売店で新商品の入荷も多く、店舗スタッフは終日接客(売り場案内)に追われ本来の業務が出来ない事に加え、お客様をお待たせしてしまう事も多く、悪循環に陥っていた。
●店舗スタッフがほぼ接客(売り場案内)に追われ、日中他の業務が出来ず慢性的に残業発生。
●案内用のアルバイトを雇っても商品を覚えるのにかなり時間がかかる事に加え、
 雨天時や閑散時間帯にやる事が無く、無駄なコストが発生。
●お客様をお待たせしてしまうケースも増え、顧客満足度の低下。

続きを読む

業種:IT・通信

総務

AIチャットボット

【状況】
数百名の社員を抱える企業で総務対応を本社で集約していたが、申請・手当・休暇など「同じような質問」が色々な社員から繰り返し行われ、本来の業務対応に支障をきたしていた。
●社員から繰り返される「同じ質問」の対応に追われ、総務部門の本来の業務に支障。
●総務部門の残業増加と、担当者の疲弊。
●社員側は、タイムリーに確認や返答が届かない事、定時後は確認できない事に不満。
●いつまでたっても規程やルールへの理解が深まらない。(覚えてくれない)

続きを読む